ウオレアイ写真館

 ミクロネシア連邦のウォレアイ環礁(かんしょう)の写真を集めました。


パーティのごちそう。いも各種、パンの実、魚各種

タロイモを植えるトネシア毎週金曜日の地元文化の体験学習。カヌー小屋のふきかえ作業WSJ の授業で戦争についてディスカッションをしているウォレアイの生徒たち(小学校にて)

Woleai Elementary school.一番手前の教室が職員室海岸に漂着したプラスチック製のゴミ、プラスチックはヤシの殼などと違い半永久的に残りますルイス校長先生。WSJ 全般の世話をしていただいた頼りがいのある男性。インテリで実力がある。

子どもたちが自分たちで考え実行したアクションプランの日に拾ったゴミ。この後、ゴミは穴の中で燃やされましたウォレアイ環礁は21の島からなっています風上側に張り出したアウトリガー(浮き)が重りとなってカヌーが風下側に倒れないようになっています

おかあさんがヤシの葉っぱでマットを編んでいます料理小屋のかまど。燃料はヤシがらヤシの皮は繊維がびっしりつまっていて干すとよく燃える


|トップニュース画面にミクロネシアプロジェクト'98

Copyright World School Japan Committee & ECO-CLUB, 1998. No reproduction or republication without written permission.
 この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールジャパン実行委員会とエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.org
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.orgまで