財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)
2002年度IT教育改善モデル開発・普及事業
参加型オンラインデータベースを使った体験学習の実践
有効性の検証

 本プロジェクトの有効性を分析、調査するために、今回の実践授業に参加する新潟県・中之島町の上通小学校、栃木県・河内町の岡本北小学校、岡山県・久世町の樫邑小学校で、教師や子どもらに対するアンケート調査を実施する。

 アンケートでは、
子どもたちが文字や写真をアップロードする機能をどこまで手軽に利用できたか
それによって自らの体験を他の地域の子どもたちの体験とどう比較分析し有効な学びを構築できたか などを明らかにすることを目的にする。

 指導者向けのアンケートでは、

  • どのような学年に対して、どのような単元で、どのような授業の一環として実践を行ったのか
  • 子どもたちは、自分たちの体験、発見をもとにどのような登録を行ったか、
  • 子どもたちは、どのくらいの時間、どのような画面で調べを行ったか
  • 他の子どもらからの反響に、子どもらはどう反応したか
などを問い、その上で、体験学習、総合的な学習、あるいは教科学習にどのように組み入れることが可能であるのか、有効であるのか、などの評価を収集する。

 子ども向けのアンケートでは、

  • 自分たちの体験、発見を、ほかの子どもに知ってもらってどう感じたか
  • 参加型オンラインデータベースを使った学習で何が一番楽しかったか
  • 他の子どもたちとの間でのどんな種類の情報交換が面白かったか
  • 画面操作で戸惑った部分はどこか

などについて問い、実際の利用者からの声を集めることで、どのような工夫によって、さらに利用しやすい道具となるのかの情報を収集する。

 ワールドスクールネットワークには、中学校、高校、青少年団体も参加しており、また日本国内のみならず海外の小中高校が参加している。
 この各参加団体にも同様のアンケートを実施し、各地の教育現場をつなぐ道具として、参加型オンラインデータベースがどのような学習教科で、どのような年齢層に、どのような体験活動と組み合わせることで、効果が上がるのかという情報収集も行う。

 最終的には、ワールドスクールネットワークのプロジェクト構築に当たっている現場指導者を中心とした「デザインチームメンバー」や、運営委員として参加している大学教授ら学識経験者らによる評価を行う。

<=前に CECプロジェクト目次へ 次へ=>

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2002. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで