財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)
2002年度IT教育改善モデル開発・普及事業
参加型オンラインデータベースを使った体験学習の実践
プロジェクトの成果

 プロジェクトの成果としては、以下のような内容が考えられる。

  1. 授業や関係する学校の授業で用いた指導案
  2. 実践授業を記録したビデオテープ、デジタル写真、メモ類

  3. 実践授業に至るそれぞれの学級での準備過程の記録(ビデオ、写真、メモなど)

  4. 実践授業を実施するに当たっての、現場指導者、教育専門家らによる事前、事後の討議内容

  5. 実践授業と、その前後の関連する授業などを通じて子どもたちが、参加型データベースに登録したデジタル画像、文字などの各種コンテンツ(海外交流分の英文コンテンツを含む)。

  6. 指導者や子どもらの意見を取り入れながら制作した、参加型データベースのインターフェースと各種機能。

  7. アクセスログの解析を通じて得られる、オンラインでの参加型データベースの利用状況のデータ。特に学校現場で授業に使った場合の、トラフィックの集中の仕方とそれに対するサーバーの負荷状況とその分析結果。

  8. 実際の利用を通じて得られる、ある一定の利用者数に対する必要なサーバー環境の要件。ハードウエア、OS、データベースエンジン、ネット接続の条件など。

  9. 参加型データベースを効果的にオンラインで利用するための各種の工夫と、それを実現するためのスクリプト群

<=前に CECプロジェクト目次へ

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2002. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで