財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)
2002年度IT教育改善モデル開発・普及事業
参加型オンラインデータベースを使った体験学習の実践
提案プロジェクトの全体像

 ウェブ画面と連動するデータベースをオンライン上に設置し、子どもたちがウェブ画面経由で文字、写真などを投入できるようにする。投入された内容はウェブ画面経由で検索、閲覧できるようにし、異なる場所にいる子どもたちが、それぞれの体験活動を、簡単にウェブ画面経由で共有できる環境を整備する。

 このオンラインデータベースは、ワールドスクールネットワークが平成13年度に独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センターの「子どもゆめ基金」を得て試作したシステムをモデルとする。試作システムの運用の結果、子どもたちの関心の推移によって新しいテーマが発生する度に、データベースの再設定や、ウェブ画面との連動のためのPHPファイルの作成など手作業が発生することが分かった。教育現場で柔軟に利用するには、データベースの設定、ウェブ画面の構成などもまた、ウェブ画面経由で簡単に設定を変更して独自の情報空間を設定することが出来ることが不可欠である。

 また、教育現場で子どもたちを指導する際には、子どもたちが一斉に同じような動作をするために、サーバー側の負荷がある瞬間だけ、急激に高まることが分かった。
 以上のような経験から、本プロジェクトでは、柔軟性、システム拡張性を高めることを前提として、システムを構築し直す。

 同時に、このオンラインデータベースを使って、どのように遠隔地と交流しながら深い学びが展開できるかを探るため、積極的な利用を希望している先進校などを舞台に、授業実践を行う。

 ―斉陲帽渋い鮴瀋蠅任る拡張性の高いオンラインデータベースを構築し
 △修譴魍萢僂靴深業の実践例をつみあげることを通じて、
今後積極的に各学校に整備されるネットワーク環境を使った効果的な学習・教育を展開するためのノウハウ・工夫を、システム面と学習指導面の両方から集積し、利用の実例を蓄積するのが本プロジェクトである。

 参加型のデータベースをオンライン上に用意することで、子どもたちはきわめて容易に文字、画像などを他の仲間と共有することができる。自らの発見であったり、他への意見であったりする情報コンテンツそのものに、時間と興味を集中させることができるため、学習効率は格段に高まる。

 すでに初歩的な情報共有によって共同参加型の学習を展開しているワールドスクールネットワークの参加校の中では、多様な学習指導が実践されている。小中学校を中心に、「食」「農業」「ごみ」「水」などをテーマに、社会科、理科、国語などの教科や環境教育や地域理解、国際交流という総合的な学習の時間での、多様な利用が行われている。

<=前に CECプロジェクト目次へ 次へ=>

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2002. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで