自然生活
気温は年平均27度くらい。乾期と雨期がある。標高ゼロメートルのサンゴ島で、大波をかぶったら島中の作物がだめになってしまう。もちろん温暖化で海面が上がったら大変なことになっちゃう! 人口は850人くらい。言葉はウォレアイ語を話します。「ありがとう」は「ゴサカシクシク」です。島で作るタロイモやパンノミと魚が主な食べ物です。ヤシの実もたいせつな食料です。
生き物歴史
なんと言っても、魚。さまざまな珊瑚礁に生きる魚がいます。陸には昆虫やカニがたくさんいますが、野生のほ乳動物はいません。人間と共に、ブタや鶏、犬や猫がいます。 最初はスペイン、そしてドイツが自分たちの領土だと主張しました。その後第二次世界大戦が終わるまで、日本軍が占領していました。ヤップ本島の学校で、日本語を勉強した人たちもたくさんいます。戦争後は、アメリカ合衆国が統治していました。独立は1986年です。

|冒険にでよう'98へ|冒険にでよう'97へ