特定非営利活動法人法人ECOPLUS
特別企画

先住民族の暮らしと環境教育・・・インド北東部の現場から

環境弁護士アンバ・ジャミルさんの挑戦

■講師:Amba JAMIR (アンバ・ジャミル)

■日時:2003年9月28日(日) 14:30〜17:00

■場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)センター棟416号室

■主催:特定非営利活動法人ECOPLUS
   (エコクラブ・ワールドスクールネットワークの母体組織)

■参加対象:
  世界的視野で環境教育を考えたい方
  ワールドスクールネットワーク、エコクラブの活動に関心のある方

■内容
 アジア諸国の多数の環境教育プロジェクトに関わってきたアンバさんが、地元のインド北東部の先住民族の暮らしとその伝統を生かす環境教育について語ります。

 アンバさんは、世界自然保護基金で弁護士として国立公園や海岸に関わる訴訟や研究に携わった後、国連開発計画で東南アジアのボランティアプロジェクトコーディネータ、インド政府の環境対策プロジェクトのコーディネータとして活動しました。国際機関や政府レベルの仕事と地元のニーズにギャップを感じ、地元の自立を目指して、NPO「The Missing Link」を設立しました。

 北東部インドは自然に恵まれ、豊かな伝統と暮らしの知恵を持って自立してきた地域です。ところが最近は政府の助成金や開発支援などに頼る部分が増えてきました。アンバさんは、地域の人たちが自分たちの文化のよさに気づき、政府のお金に頼らず自分たちで暮らしていけることを気づく働きかけをするためにThe Missing Linkを設立しました。地域の生物多様性調査や、長老を講師にするワークショップなど地域を再発見するプロジェクトを実施しています。

 今回は、インド北東部の先住民族の暮らしや環境、The Missing Link を設立した経緯、具体的な実践などを中心に話ていただきます。

※インド北東部
 インド全体からみるとその面積は小さいが、多様な生物や文化が密集する。32の国立公園や自然保護区域がある。チベット、中国、ミャンマー、バングラデシュ、ブータン、ネパールに囲まれ、かろうじてインドとつながっている山間地域。多くの民族が住み、独自の文化を保っている。

■当日のスケジュール

  • 14:30 エコクラブ・ワールドスクールネットワークの説明
  • 14:45 「先住民族の暮らしと環境教育」
        ・・・インド北東部の現場から
  • 15:45 休憩
  • 16:00 アンバさんとのディスカッション
  • 17:00 終了

■言語:
 英語。時間が限られているので、要点を日本語訳します。

■Amba JAMIRさん プロフィール 
 北西インドの環境と地域のためのNGO団体「The Missing Link 」ディレクター。 今年10月まで地球環境戦略研究機関(IGES)の客員研究員として日本に滞在中。環 境教育、環境コミュニケーターとして活躍し、環境法の学位を取得するなど、環境に ついて多様な実践を積んでいる。国連やインド政府のプロジェクトにも関わる。

■参加:無料

■申し込み:ご参加の方は、メールevent@wschool.netか、電話(事務局03-5294-1441)にて「参加する」と一言お知らせ下さい。

■締め切り:9月26日(金)なるべく早めにご連絡ください。当日飛び込み参加も可能ですが、直前でもお電話いただけると助かります。当日の連絡先はグレッグ携帯090-2478-5119です。

■連絡先:
 特定非営利活動法人ECOPLUS
 101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-16本門ビル4階
03-5294-1441、ファクス03-5294-1442

トップニュース画面に

Copyright ECOPLUS, 1998-2003. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権は特定非営利活動法人ECOPLUS、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで