参加者からの発言

■大西誠(栃木県 宇都宮大学大学院)
 昨年度まで4年間WSNに関わって、岡本北小学校で活動をしてきました。今年は大学院生となり、直接関わる子どもたちがいないので、WSNを栃木県に広めようと考えています。また昨年卒業した子どもたちがOBOGとしてWSNに関わるのでそのバックアップもしていきたい。  修士論文のためにアラスや、イスラエルとビデオクリップのやりとりをして来年の4月以降に現場で用いたい。

■印南千明(栃木県 河内町立岡本北小学校=写真下右)
 大西さんの後を受け継ぎます。小学校5年生担当。  ゴミ問題を扱っていく予定です。5月中に自己紹介をし、「メンバーひろば」への書き込みを考えています。5-7月は、土作りセンター見学・学区のゴミ拾い・海岸のゴミ拾い・琉球小学校とゴミ事情の交換ができれば、と考えています。
 9-11月は、前学期の活動のまとめ・ゴミ減量作戦(リサイクル等)・ポスターセッション準備を予定しています。10月には、琉球小学校とテレビ会議がしたい。そして、2月のWSNシンポジウムにむけて活動をしていきたい。

■海老澤正臣(栃木県 河内町立岡本北小学校=写真左)
 小学校5年生担当。
 総合の学習の時間で、印南さんと一緒に活動を展開していきます。昨年度は福祉について活動をしてきました。今年度は環境の活動を行う予定です。昨年とは違った切り口の活動をやりたい。

■菊池修介(福島県 寺子屋「方丈舎」)
 AERAを見て、WSNの活動を知りました。地域に根付いて地球を考えるという活動に魅力を感じて参加しました。寺子屋「方丈舎」は、学校へ行かない子どもの社会参加を支援するNPOです。不登校児・ひきこもりの子どもたちのためのフリースペースです。
 5月中に自己紹介をします。その後、農村へホームステイし、米作り・野菜作りを手伝いながら、農作業・農村の暮らし・地域について学ぼうかと考えています。会津にいるとそこだけになってしまうが、いながらにして広い世界を知れる活動をしたいと考えている。

■廣川伸一(京都教育大学教育学部附属桃山中学校)
 文部科学省のモデル事業に参加したのがきっかけでWSNを知りました。国際交流委員会と、総合の学習でWSNに関わりたい。
 昨年度は総合の学習でスローフードをテーマとして取り組みました。今年度はもっと地域に出て行って、京野菜などをテーマにした活動をしたい。
 5月中に「メンバー図鑑」に自己紹介します。国際交流委員会は、7月に活動計画を立てるので、7月以降に「メンバー図鑑」に書き込みます。2月にWSNのシンポジウムで発表したい。
 学校の他のグループでは、水・鳥・地域をテーマに活動を予定しています。総合の学習の時間で「子ども知恵図鑑」をイントラネットで動かして、学校内のたくさんの先生や生徒に「子ども知恵図鑑」を利用してもらいたい。

■青木章彦(栃木県 環境教育ネットワーク栃木)
 1994年にアラスカからのインターネットレポートを見てWSNを知りました。現在、短大の生物の教員です。環境教育ネットワーク栃木は、行政、教育、NGO関係者が寄せ鍋的に集まってできたので、おもしろい活動が行えています。
 この10年で行政はずいぶん変わったが、教育は変わっていない、と思う。足下は見てもグローバルな視点に欠けるように思う。WSNは最先端をいっていると思うが、それを追うような動きがない。WSNには、地域での活動をどう広げていけるかというところに期待している。
 関わり方として、5月中におせっかいおじさんとして「メンバー図鑑」に登場したい。「メンバーひろば」に役立ちそうな情報(主に水のサポート)を流す予定です。10月31日のゴミフォーラムにテレビ会議で参加したい。

■藤村裕一(徳島県 鳴門教育大学大学院 総合学習開発講座)
 ミクロネシアプロジェクトでゴミ箱の無い島に感動してのめりこみ、札幌の小学校でWSNの活動に初めて参加した。大人も面白い、と思うことが一番大切だと思う。
 現在は、先生を経験した生徒を対象に教えている。子どもたちに直接教えられないが、WSNの活動を応援したいとおもっているので、担当者の方々で疑問・質問があれば遠慮なくなんでも尋ねてください。

■井口豊重(東京都 中野区立第七中学校)
 アメリカの先生たちと行った「裏庭の鳥たち」プロジェクトが縁で、WSNに参加しました。学校では、技術の教員をしています。今年度の参加は、自然探究部と、1年生の総合で環境をやるのでそこでも関わりたい。
 5月中にメンバー図鑑で自己紹介します。自然探究部は、食と文化・クジラ・スローフードをテーマに活動を行い、1年生の総合学習では個別にテーマを設定する予定。  WSNはとてもいい団体。大学院生のグループ「エコ青年隊」が手伝いにきてくれたのもWSNの縁だった。

■加藤敏広(新潟県 中之島町立上通小学校)
 小学校5年担当。6月に、「メンバー図鑑」への自己紹介と「メンバーひろば」への呼びかけをしようかと考えています。その後「レンコン図鑑」をつくり、水・食などについての学びを深めていきたい。コシヒカリのおいしさの秘密についても探っていく予定です。
 今年度はレンコン。うちの地域のレンコンは有名でないので、有名にしようという活動をする。お米に関する取り組みもして、自分達の地域での活動に力をいれていく。足下を見直していくと環境問題にぶちあたると思っている。

■蝦名公子(東京都 鳩森はあとクラブ)
 昨年、東京国際学園の斎藤先生の紹介でWSNの活動を知った。今年から参加。渋谷区教育委員会に所属している。  地域の子どもたちの居場所づくりをしたいと考えていて、区の社会教育の枠で、土曜日に英語、環境、情報、をテーマに活動をすすめていく予定。
 地球環境に目をむけさせて、異文化を知っていきたい。WSNの活動を通して、子どもに自分のまわりのことを見直して、どうしてかなって、考えて欲しい。

■真喜志昇(沖縄県 琉球大学附属小学校)
 昨年度から参加。今年は、小学校4年生担当。
 「水」をテーマにした活動では、学校の水道、家の1ヶ月の水の使用量について8月までに調査します。9月までに、昔の水の使い方、10月までにダムについて学ぶ予定です。
 「食」をテーマにした活動では、琉球料理のゴーヤやヘチマを使ったチャンプルーを調理、その後、自分たちの地域を自慢していきます。
 「ゴミ」をテーマとした活動では、6月中に、海のゴミ(放置車などあり)について書き込み。8月までには、学校、学校のまわり、家のゴミについてしらべ、10月までに、昔と今のゴミの違いについて調べます。その後、マイバッグ活動を予定しています。

■斉藤真彦(東京都 東京国際学園高等部)
 高校1年生担当。生徒数は、28人。
 クラス目標はディズニーランドみたいなクラス。人々がディズニーランドにひきつけられるのはなぜかというところから始まった。人に心地よい環境を考えることによって、ゴミ問題などにつなげていきたい。
 5月中に「子ども知恵図鑑」の使い方・アンケートの取り方やまとめ方について学び、5月16日には田植えをする。5〜7月は、ディズニーランドについてアンケート調査を行い、その魅力や工夫について学ぶ。10月には、アラスカの子どもたちとのやりとりも交えながらレポートをまとめ、11月の文化祭で発表、その後、クラスや地域での実践に繋げていく。1月にはシンポジウムでの発表を練習し、そのまま2月の本番へと流れる。といった予定です。

■萬上和敬(東京都 品川区立第二日野小学校PTA)
 ダイビングスクールをしています。その縁でエコクラブと関わり、前からWSNの方にも参加したかったので、やっと参加できたという感じ。本業は塗装業です。プールでのシュノーケリングや磯観察,水族館で眼で見て手で触って海洋生物について学んでいる。PTA・ダイビング・自然体験をうまくリンクさせていきたい。
 5月に「メンバー図鑑」に自己紹介。7〜9月は,小学校高学年対象のシュノーケリング講習。8月から9月は,磯観察。10月にはドルフィンふれあいシュノーケリング、第二日野小祭(PTA主催)で火おこし・サバイバル生活の実践。「メンバーひろば」に書き込み。を予定しています。

■丸岡美枝(徳島県 山城中学校=メールで)
 今年度は、活動ウェブページ作り、地域を見つめる(数年前の災害について聞き取り調査、地元の食べ物調べ、三つ又の取材)、天体観測会「星を見ながらほした食べ物を食べてみよう」、省エネプロジェクト(昨年度から継続)をする予定です。
 単なる情報交換・お知らせに終わらず、共同で何か作るとか、支援しあうとか、そんな関係を他の参加団体と持っていきたいと思います。近くの団体(白峰中学、応神中学)との交流や、海外とのビデオ交換などもしたいと思います。

■上田雅子(高知県 旭東小学校=メールで)
 5年生の総合学習でWSNを活用したい。  各国の食文化を学び、自分たちの食文化を考える、よくする、というテーマで活動したい。  アラスカ、イスラエルなどの海外や、他の参加団体と地域の食文化についてやりとりをしたい。食べ物の画像があるといい。

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2003. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで