World School Network News
Dec 12, 2002
「ホトケドジョウ」を知っていますか?

■ホトケドジョウ、グッピーなどが登場!
 「水と大地」には、絶滅が心配される「ホトケドジョウ」(写真右)や外来種であるグッピーなどのめずらしい生き物が登場しました。1平方メートルという狭い範囲でもたくさんの動植物がいることを発見し、それらの生き物を守るため川をきれいにする活動も始まりました。
関連情報:谷川を守る活動(栃木県・岡本北小学校=2000年度)

■地域の食べ物って?
 「ふるさと食堂」には、アメリカのミネソタ州からブルベリー入りのマフィン、沖縄からは「アーサ汁」が紹介されています。京都からは大福を作った(写真)報告が、「たべものと農業」に登場。地元の食べ物自慢始まってます。みんなの自慢の食べ物、紹介して下さい。

■WSNのOBも加わり活動活発に
 イギリスのスコットランドから薄井ファイミリー、アメリカミネソタ州からバトルクリーク小学校クリーブランド中学校、アラスカ州からロシアンミッションスクール、ジョージア州からロイド小学校など、各参加団体から多くの情報が発信されています。
 さらに、今年度からWSNのOBが知恵図鑑で活躍しています。過去のWSNでの活動を活かし、自分達の体験を後輩と共有しています。
 「メンバーひろば」には、西表島での開発問題についてできることは無いのか、と呼びかけたり、「My知恵」では、小学校3年生の人に伝えるというのは難しいというメッセージに対して励ましのエールを送ったり、と中野第7中学校と桃山中学校の高校生OBが参加しています。

<==前のニュースへ

トップニュース画面に

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2003. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで