特定非営利活動法人ECOPLUS 国際シンポジウム
「体験型環境教育指導者の国際研修フォーラム」

  • 2月15日

     特定非営利活動法人ECOPLUSのワールドスクールネットワークは、2月15日、東 京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで国際研修フォーラム「教育か ら始まる持続可能な社会づくり」を開きます。

     体験型の環境教育がなぜ重要なのか。体験を通じて何を学ぶことが貴重なのか。体験 をどう持続可能な社会づくりにつなげることができるのか。英国エジンバラ大学の野外 環境教育コースで教鞭をとりつつケアンゴーン国立公園の体験活動プログラムオフィ サーを勤めるロビー・ニコル博士の基調講演を軸に、改めてその意義をみつめなおし、 さらに海外7カ国からのゲストとともに、各地で展開されている環境教育の現実と、そ の連携の可能性について議論しあいます。

    • 日時:2004年2月15日(日)午前9時半から午後3時
    • 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター国際交流棟国際会議室
    • 参加:無料
    • 助成:「子どもゆめ基金」
    • 進行:損保ジャパン環境財団 北村必勝専務理事
    • 同時通訳あり

    ◇海外からのゲスト
    ロビー・ニコル博士(英エジンバラ大学教育学部野外・環境教育学科レクチャラー)
    マジッド・イーサ(イスラエル・スモールトライアングル地区環境指導員)
    エステル・ヤマザキ(イスラエル・ハ・ヨベル中学校教諭)
    ニナ・ゲデオン(パレスチナ・テラサンクタ中学校教諭)
    アンバ・ジャミル(インド・NPOミッシングリンク事務局長)
    ピーター・モアラ(ケニア・NPOジャカット代表)
    スーザン・ユーエン(パプアニューギニア・ネイチャーコンサーバンシープログラムア シスタント)
    オスカー・ロドリゲス(メキシコ・テレセクンダリアスクール教諭)

    プログラム

    9:30 基調講演: ロビー・ニコル博士

    10:30 基調講演を元に、グループディスカッション
    11:00 全体での発表、討議
    11:40 昼食
    12:30 各国での環境教育の取組みの紹介 (プロフィールへ)
    13:30 課題別のグループディスカッション
    14:30 全体討議
    15:00 終了

  • ポストプログラム  16、17日の両日、新潟県塩沢町栃窪地区で、海外の指導者とともに実際の体験プロ グラムを通じて環境教育の世界的な連携を議論するワークショップをします。

  • 参加申し込み・問い合わせ
    特定非営利活動法人ECOPLUS ワールドスクールネットワーク
    〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-16本門ビル4階
    TEL: 03-5294-1441
    FAX: 03-5294-1442
    event@wschool.net

    Return to Symposium Overview

    Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-2004. No reproduction or republication without written permission.
    この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

    Send feedback to info@wschool.net
    ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで