WSN Project
未来への知恵めぐり

「未来への知恵」を探そう!

 世界各地の教室や青少年団体をネットワークでむすんで、地球的な視野での環境教育プログラムを提供している「ワールドスクールネットワーク」(三重野康実行委員長、参加団体数50余)は、1999年度の冒険プロジェクトとして、日本に滞在している米国人留学生を「環境特派員」として日本縦断の旅に派遣し、地域に残る自然との共生の工夫を「未来への知恵」として、世界に発信します。

 自然との調和をどのように日本社会が受け継ぎ発展させてきたかを出発点として、世界の子供らが環境問題をともに考え学ぶのがねらいです。

「僕が日本を歩きます」
 特派員となるのは、東京学芸大学大学院学校教育専攻中のグレゴリー・マイケ ル(25歳)。9月17日に北海道・知床半島を出発し、徒歩で毎日20キロ前後を歩 きながら移動し、テント生活を続け、1月末には東京・日本橋に到着する予定。 関東以西は、来年度に踏破する計画です。

 報告は、携帯パソコンからの電子メールで、毎日行われます。日本語が上手なグレッグですが、時間を短くするために、英語で文章を書いて、世界の仲間に電子メールで流すと同時に、ボランティアが日本語にしてニフティの会議室などに掲載します。

知恵だより
 自らの足で歩いて移動するグレッグが、人々と出会い、新たな光景に驚く毎日の 様子を報告。日本人には当たり前の光景の中にどんな「知恵」を見いだすか。

子どもポイント
 グレッグが旅の途中でワールドスクールネットワークの参加団体を訪ね、その 子供たちが事前に見つけておいた知恵の現場を、グレッグとともに訪れる。

知恵袋ポイント
 地域ごとの独自の風土・文化によって積み上げられてきた環境と社会の調和を求 める特徴的な知恵を探る。アイヌの村、白神山地、日本海の漁村などが候補。

参加団体
 国内37、海外20。それぞれの地域での環境と社会の調和を図る「知恵」を探し、グレッグの行動とあわせ発表・議論する。NIFTYの電子会議室「ワールドスクールフォーラム(FWSCHOOL)を利用するほか、世界各国との英文メッセージは、メーリングリストでやりとりする。やり取りの模様は、インターネットのウェブ(www.wschool.net)で広く公開する。

通過予定のポイントとテーマ
(*が「子どもポイント」他は知恵袋ポイント)

 知恵めぐりのパンフレットをpdfファイルで用意しました。Acrobat Readerでご覧下さい。

知恵のトップ画面へ | WSNのトップ画面へ

Copyright World School Network & ECO-CLUB, 1998-99. No reproduction or republication without written permission.
この画面に掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。すべての著作権はワールドスクールネットワークとエコクラブ、ならびにそれぞれの著作物の作成者に帰属します。

Send feedback to info@wschool.net
ご意見、お問い合わせはinfo@wschool.netまで